Von Wilson Cham am 8. 7月 2011 2009-10-15

年金受給生活 シニア保険の必要性

40代を過ぎると急に、周辺の人たちが健康の話をするようになってきました。特に今までの不規則な生活からくる生活習慣病について、老後のことを話すようになっています。保険というのは、若いうちにはいると保険料も安く上がり、健康なうちでないと入れないのです。年代の節目の時に1日の誤差で保険料が上がってきます。いざ、病気に入院をすることになったらという不安が頭をよぎってしまうので、その時のためにもシニア保険に加入しております。

シニアと呼ぶ時期は定年退職をしたり、年金受給が始まる時期だと思います。シニア保険は面倒な審査がなく加入しやすいと思います。シニア保険は50歳から加入でき、死亡後に保険金が受けられる終身型と病院にかかるための医療費補償の医療保障型があり、死亡、医療機関にかかった場合のみ保険金がおります。若い時から大きな保障のある終身型保険に入っている人は必要がないかもしれません。万が一のことを考えて自分に合った保険が必要です。

シニア世代がかかりやすい病気は、がん、消化器や循環器の生活習慣病が多いようです。最新で最高レベルの医療を受けるとたいへんな高額医療費となります。定年退職後の生活を考えてみると、夫婦で年金受給の範囲でゆとりある生活は望めません。その上、医療費の負担は実に大きいものです。それまでの預貯金を切り崩していくことになるのです。医療保障が必要となってくると思います。子供や孫に迷惑をかけたくないと考える人が実に多いです。

Schreibe einen Kommentar